alt="合同会社HanaCafe-Kurume"

https://kurume-genki.com

IT部門 社長の独り言

SEO対策の電話営業が時々ありますが。

更新日:

「御社のHPには〇〇の設定がされていないので、検索順位が弱いです。」
「弊社では、〇〇のキーワードを設定して、御社の宣伝を行い、御社のHP順位を上げます」

こうしたフレーズでの電話営業を行う会社が多数見受けられますが、本当に検索順位は上がるのでしょうか??

先に答えを言うと、
一時的には上がるかもしれませんが。
長期的にみると、上がるどころか、検索エンジンでの評価が下がると思います。

それは何故か??

検索順位を決めているのは、Googleなどの検索エンジンが仕組化しているAIであったり、アルゴリズムが決定しています。
Googleなどは、一般ユーザーへ正しい情報を「適切な方法」で表示しているサイトの順位を「平等」な仕組みで評価し、検索順位を決定しているとのことです。
正しい情報を「適切な方法」で表示しているサイトの中から、「平等」に評価を行わないと、Googleなどの検索エンジンそのものが一般ユーザーから評価を受けないからです。

そんな中で、Googleなどの検索エンジンが意図しない形(方法)で検索順位を上げられたら、Googleなどの検索エンジンはどうするでしょうか??
「平等」に評価しようとしているなかで、意図していない動きをするサイト(その関連サイトを含む)が登場した場合。
Googleなどの検索エンジンそのものに対する評価にかかわりますので、そうしたサイト(その関連サイトを含む)の検索順位評価を下げることで、一般ユーザーに対して「平等」に評価しているということをアピールします。

現在、検索エンジンでは。
一般ユーザーにとって、日常生活への影響度の高い情報(公共施設、病院や整骨院、スーパー、飲食店など)を中心に、GPS情報や端末の利用履歴(行動スタイル)に合わせ、表示順位を常時変化させています。

真のSEO対策とは??
■正しい情報を「適切な方法」で掲載する(自社サイト)
■常に新鮮な情報の提供(自社サイト内のブログ更新)
■ターゲット+料金+提供するサービスの明記

検索エンジンのアルゴリズムは、想像を絶するスピードで進化しています。 そのうち、「検索順位」という言葉も死語になるかもしれません。

-IT部門, 社長の独り言

Copyright© 合同会社HanaCafe-Kurume , 2019 All Rights Reserved.